忍者ブログ







質問いただいたこと、
リネンとコットンリネンのちがい。
melではどちらもつかっていて
すこしでも綿が入ればコットンリネンと表記しています。

コットンの分量が多くなるほど
シワになりにくく、しっかりした印象に。
逆にリネンが多くなると
乾きやすく、さらりとしています。

コースターやマットはリネン100、
ポーチで使っているのがコットリネン。
色も厚みも似ているけれど、1番のちがいは
シワになりにくさ、かなと思います。


わたしは布がとてもすきなので、
以下とてもながくなりますが
扱っているメイン生地を解説してみました。
もちろんわたしの個人的解釈です。

・ナチュラルリネン→コースター、なべしき、巾着、バッグなど。
さらっとして、使い込むと柔らかくなる
ザ・リネン!という感じ。
光にかざすと透けるが比較的しっかりめ。

・ホワイトリネン→コースター、マット、巾着など。
ナチュラルよりもやわらかく、ベッドリネンにありそうなイメージ。
やさしいオフホワイト、適度な厚み。

・コットンリネン→おてがみポーチ、エコバッグなど。
シワになりにくい生地。
やわらかいのにしっかりした印象で、手触りがいい。

・ブラウン、ネイビー、パープルリネン→ティッシュケース、コースターなど。
この3つは色違いシリーズ。
とろりとした肌触りで、上品な印象のリネン。

・コットンワッフル→ハンカチ、クロス、ケット。
吸水性がよく、やさしい肌触り。洗ってよく乾かすとふかふかになります。
ぜひノーアイロンで(きつくかけると凹凸がつぶれ、吸水性が弱まります)

・きなりダブルガーゼ→ハンカチ、マットなど。
とてもすきな生地で、自分用に寝具や服としても愛用。
やわらかく、ぶ厚すぎず、頬をあてたくなるさらさらの肌触り。


布は、手触りがよく、洗濯に耐えられるか?が基準です。
買った布は水通ししてから洗濯し、
アイロンをかけて、つくって、
ものによっては完成してからもう一度洗います。

うつくしく、やわらかい布たちは、
きれいだなー…とずっと見ていられます。
天然素材は、収穫時期や産地によって
毎回微妙にかわるところもまた、お花みたいでおもしろくて。
そして、もう書き始めると止まらない!
ので、おわりにします。
長文失礼いたしました!笑







PR





melというなまえは
フランス語の海、la mer からもらいました。

海がとてもすきです。
ちいさな港のちかくにうまれ、育ち、まいにち船をみました。
夏に限らずつねに身近で、落ち着く、だいすきなところ。

映画「コクリコ坂から」の主人公もメル。
(ジブリ映画好きです)
あの、起きてまずお花の水をかえて、
きちんとごはんをつくって、旗をあげて、と
ていねいに暮らす様子にあこがれもありました。


いまもときどき、海に行きます。
湘南や横浜の海。
でもわたし、サーフィンをするわけでもなく
どころかまっったく泳げません。笑
ビーチサンダルもはかないし、日傘さして歩くばっかり。
ただぼーっとしにいく、
それがすごーくたのしいのです。


ついでに。
gmailやInstagramで使っている
melfeuileは、melが短すぎてアカウントをとれずに
急遽つくったことばです。
これまただいすきな、mille-feuilleとmelをくっつけて。
メルフィーユとよみます。

お菓子屋でもマリングッズ屋でもないのにこんな由来です。
ミルフィーユみたいに、海みたいに、
愛されるといいなーと思います(爆)













今日はいいお天気、
お洗濯したくなりますね。

mel製品をお買い上げの方には
説明書きをおつけしていますが
加えて おすすめの方法を。(長文注意、私お洗濯大好きです)

・すべてネットに入れて洗濯機であらえます
・手洗いの場合はやさしい力で
・特にリネンは水温40度まででお願いします
・コースター、マットなどの染みは、なるべくはやく石鹸で洗うと落ちます
・高温のお湯や長時間のつけ置きは素材が傷むのでおやめください
・ガーゼのふきんのみ、煮沸・高温洗い可能です
・バッグ、ポーチ、巾着は 裏返さず表向きのまま、洗濯ネットへ
・ヒモや持ち手は中に仕舞って洗うと、より長持ちします
・干すときは 表生地と裏生地を広げてあげると はやく乾きます
・よく伸ばして干せばアイロンいらず
・アイロンをかけるときは あて布をおすすめします

綿や麻はつよい力を避けて使えば、
長く使っていただけます。
たくさん洗ってやわらかくして、
素材の変化も楽しんでもらえるとうれしいです。





忍者ブログ [PR]